研究講座とイベント

  • 2013/04/09
  • 月例研究会
  •  

 

第206回 月例研究会 【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

日 時:平成25年4月9日(火)13:30~15:45
テーマ:『企業法務の本質機能と法務部門(法務スタッフ・弁護士)-独禁法・競争法との関係において-』
講 師:神戸大学 名誉教授/甲南大学法科大学院 教授 根岸 哲 氏
会 場:航空会館 B-101会議室

講演主旨

 講演では、企業法務の機能といわれる対処・治療機能、予防機能、戦略機能の観点から、企業のグローバル展開を踏まえ、必ずしも一様ではない独禁法・競争法の下で、企業法務が果たすべき多様な役割について検討したい。
 まず、近年、とくに強く要請されているカルテル・談合に対するコンプライアンス体制の整備と実効的な実践に関する企業法務の役割ついて検討する。つぎに、独禁法・競争法上の取扱いが必ずしも明確でない、非ハードカルテル、排除型私的独占、垂直的な制限、技術利用の制限、不公正な取引、企業結合などの領域において果たすことが期待される企業法務のより多様で戦略的かつ積極的な役割について検討する。さらに、独禁法との関係における企業法務部門と社外弁護士との役割分担についても検討したい。

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂 2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る