研究講座とイベント

  • 2013/05/21
  • 事例研究部会【一般・特別優待】
  •  

 

第21回 事例研究部会 【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

日 時:平成25年5月21日(火)13:30~15:30
テーマ:『近時の企業結合事例~大型素材企業統合の比較』
講 師:日比谷総合法律事務所 弁護士 多田 敏明 氏
会 場:海運クラブ301会議室

講演主旨

 企業結合審査に関しては、手続面では、2011年7月より、かつての事前相談制度が廃止され、原則として、届出が前提となる審査手続となりました。
また、鉄鋼業における新日鉄・住金の統合に始まり、近時のアルミ業における古川スカイ・住友軽金属の統合と素材産業における大型統合が続いており、その審査においては、従来の枠組みを維持しつつも、具体的な判断では、企業活動のグローバル化等を考慮しつつ、問題解消措置を含め、柔軟な対応が見受けられます。
そこで、今回は、近時の企業結合事例の検討を通じて、実体面・手続面における近時の企業結合審査の傾向を探ってみたいと思います。

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂 2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る