研究講座とイベント

  • 2013/07/23
  • 競争政策研究会
  •  

 

第6回 競争政策研究会 【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

日 時:平成25年7月23日(火)13:30~15:45
テーマ:『縦の制限協定規制の国際比較-再販・流通問題を中心に-』
講 師:東京富士大学大学院 経営学研究科 教授 隅田 浩司 氏
会 場:海運クラブ301会議室

講演主旨

 「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」が平成3年に策定されてから、既に20年以上が経過している。その間、独占禁止法は、私的独占及び不公正な取引方法の一部に対して課徴金制度が導入される他、不当な取引制限における課徴金減免制度、さらには勧告審決の廃止に伴うエンフォースメント関係規定改正など、多くの法改正が行われている。流通取引慣行ガイドラインは、このような改正の中で、次第にその存在感が薄れているように思われる。
さらに、流通取引慣行ガイドラインは、時代の変化の潮流の中でも、大きな岐路を迎えているといえるだろう。まず、平成3年当時と現在の最大の違いは、インターネットの存在である。インターネットを中心とする新しいネットワーク技術・情報技術の進展は、流通に大きな変化をもたらしている。
そして、このような時代の変化は、単に流通取引慣行ガイドラインを改訂するという小さな問題だけにとどまらない広がりを持っているといえる。そこで、この研究会では、広く、流通と独占禁止法に関連する新しい論点(電子商取引の進展と競争法の問題、家電量販店などの購買力濫用と優越的地位の濫用、不当廉売そして、インターネットビジネスと流通との関係等)を取り上げ、日米欧の判例や審決を取り上げながら最新の状況を整理していくことを目指す。

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂 2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る