研究講座とイベント

  • 2014/02/13
  • 月例研究会
  •  

 

第214回 月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

日 時:平成26年2月13日(木)13:30~15:45
テーマ:『JASRAC事件審決取消訴訟判決』
講 師:元公正取引委員会事務総長
フレシュフィールズ ブルックハウス デリンガー法律事務所 シニアコンサルタント
上杉 秋則 氏
会 場:航空会館 B-101会議室

講演主旨

2月の月例研究会では、昨年11月1日に下されたJASRAC事件審決取消訴訟判決(東京高判)を取り上げ、その意味を実体面・手続面にわたり詳しく解説します。この判決は今後の私的独占に関する独禁法実務に多大の影響を及ぼすものであり、講師の見解は、NBL最新号(1月15日号)にて公表済みなので、出席者はこの論文を読んで参加するようにして下さい。
 また、昨年成立した審判制度を廃止する独禁法改正により、排除措置命令の取消訴訟(東京地裁の専属管轄)における争い方はどのように変化するかという問題についても併せ解説します。

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂 2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る