研究講座とイベント

  • 2014/11/19
  • 月例研究会
  •  

 

第222回 月例研究会のご案内【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

 10月24日に閣議決定され臨時国会に提出された景表法改正案(課徴金導入案)について検討をおこないます。

 今回の改正の動きに関連して内閣総理大臣の諮問を受けた消費者委員会の専門調査会の委員として検討に関与しましたが、法案には、答申に前後する消費者庁等での検討によって加えられた内容も多く、当然のことながら法案を第三者の立場から検討することになります。時間が許す範囲で、課徴金に関する改正内容そのものだけでなく、課徴金制度の前提となる不当表示の違反要件論(いわゆる表示主体の問題等)にも言及したいと考えています。

日時講師:及びテーマ:平成26年11月19日(水)13:30~15:45 「景品表示法改正案(課徴金導入案)」
講師:東京大学大学院 法学政治学研究科教授 白石忠志氏
場所:航空会館 B-101会議室

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る