研究講座とイベント

  • 2015/06/11
  • 月例研究会
  •  

 

第228回 月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

講演の主旨


「流通・取引慣行に関する独占禁止法上の指針」(流通取引慣行ガイドライン)が平成27年3月に改正された。このガイドラインは、平成3年に公表されてから、日本の独占禁止法の運用において大きな影響力を持っていたといえる。このガイドラインでは、垂直的価格制限と非価格制限の運用方針について、今までよりも、より詳細な説明が追加されている。


 報告では、今回の改正の概要について解説した上で、このガイドラインの改定が、今後の垂直的制限にどのような影響を及ぼすことになるのか、再販売価格維持行為に代表される垂直的価格制限規制および、垂直的非価格制限規制について、それぞれ分析を行う

日時・テーマ:平成27年6月11日(木)13:30~15:45 『垂直的取引制限協定とライバル差別規制のとらえ方ー流通取引慣行ガイドラインの改正を踏まえて』
講師:東京富士大学大学院経営学研究科 教授 隅田 浩司氏
場所:航空会館 B-101会議室

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る