研究講座とイベント

  • 2015/07/09
  • 月例研究会
  •  

 

第229回 月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

今年(2015年)3月の中国独禁当局によるクアルコム事件決定は、排除措置を命令するのに併せて約1170億日本円相当の巨額制裁金を課した。世界のIT・ハイテク市場での重要性を急激に増している中国市場での独禁当局による措置であることから、世界各国のIT・ハイテク関係者に衝撃を与えた。
 
 排除措置命令は、ロイヤルティ額の引下げ、そして競争者排除行為(不争義務など)撤回をクアルコムに命じる内容である。本報告では、中国当局の措置を理解する背景として、米国で開発されてきた「標準必須特許」に対する反トラスト法措置を整理して説明するともに、日本(併せて韓国・EUについても)のクアルコム事件の展開も含めて比較検討する。この検討を通じて、現代の特許・技術標準と独禁法・競争法の交錯領域についての理解を研究会参加者が深めることを狙いとする
日時・テーマ:平成27年7月9日(木)13:30~15:45『標準必須特許の高額ロイヤルティと競争者排除行為―中国クアルコム事件の米国・日本・韓国・EU事件との比較ー』
講師:関西大学法学部教授 滝川 敏明氏
場所:航空会館B-101会議室

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る