研究講座とイベント

  • 2016/10/12
  • 月例研究会
  •  

 

第241回月例研究会【終了しました】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

(講師より講演趣旨)

東京大学大学院経済学研究科
教授 大橋 弘 

  デジタルエコノミーにおける競争政策:経済学的な視点


 移動通信技術とコンピュータ技術の飛躍的な進歩によって、経済のデジタル化が急速に進展している。わが国でも、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)が成長戦略の中核に位置するようになり、国を挙げて研究開発や人材育成等への取組みが行われている。デジタル経済において、「プラットフォーム」の重要性がこれまで以上に認識をされるようになり、「プラットフォーム」を介して提供するサービスが、これまでの産業分野やその構造を大きく変革する可能性も指摘されている。


インターネットを通じて、様々なサービスが融合する時代を迎え、競争政策に対しても、従来とは異なる問いが投げかけられているように見える。デジタルエコノミーにおいて、競争政策が直面する新たな課題と今後の方向性について経済学的な観点を踏まえて議論をしてみたい。

日時とテーマ:平成28年10月12日(水)13:30~15:45『デジタルエコノミーにおける競争政策:経済学的な視点』
講師:東京大学大学院経済学研究科教授 大橋 弘氏
場所:航空会館B-101会議室(港区新橋1-18-1)

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る