研究講座とイベント

  • 2019/07/26
  • 月例研究会
  •  

 

第269回月例研究会【New!】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

(講師・國廣 正氏より当日講演内容サマリー)

「競争政策としてのFCPA(海外腐敗防止法)の域外適用と日本企業のリスク管理対応」

 新興国に進出している日本企業にとって大きな悩みとなっている海外贈収賄のリスク管理対応について実例をあげながら考える。この際、日本の外国公務員贈賄罪とともに大きなリスクとなっている米国のFCPAの域外適用の実態についても明らかにする。
 さらに最近、施行された日本版司法取引についてその実務的対応を検討する。
日時と演題2019年7月26日(金)13:30~15:30『競争政策としてのFCPA(海外腐敗行為防止法)の域外適用と日本企業のリスク管理対応』
講師国広総合法律事務所 弁護士 國廣 正氏
場所航空会館502会議室(港区新橋1-18-1)

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る