研究講座とイベント

  • 2020/11/30
  • 事例研究部会【一般・特別優待】
  •  

 

第34回事例研究部会【終了しました。Vimeo動画配信致します】

一覧を見る RSSフィードの購読はこちら

 

市場閉鎖効果に関する最近の事例解析東京富士大学大学院 経営学研究科教授 隅田浩司 我が国の独占禁止法および世界の競争法において、競争者の排除および市場閉鎖効果の分析が大きな論点となっている。特に、デジタル・プラットフォーマーに対する競争法の適用においては、この市場閉鎖効果に関する判断が重要な要素を占めることになる。 今回の報告では、この市場閉鎖効果に関して、日本の最近の事例である土佐あき農協事件高裁判決などを取り上げるとともに、市場閉鎖効果に関する米国、そして欧州の判断枠組みを比較しながら、その分析手法並びに違法性判断基準について探求したい。
収録日と演題2020年11月30日「市場閉鎖効果に関する最近の事例解析」
講師東京富士大学大学院経営学研究科教授 隅田 浩司

問い合わせ先

競争法研究協会 事務局
〒107-0052 港区赤坂2-16-21-204
TEL. 03-3585-7935  FAX. 03-3585-7955

 

 

ページトップへ戻る